孫生徒たち

今回新しく始めたワークショップの一つは、私が教える音楽家たちの生徒を教えること。

オーケストラ練習場には、楽器を習いに来る子供たちがたくさんいます。彼らはみんなキンバンギスト響のメンバーたちが教えていて、子供たちは彼らをアイドルのように思っています。普通の学校には通えない子供たちが多いため、みんな練習場で、数少ない楽器と教材を使いながら、朝から晩まで集まって練習しています。私が朝練習場に着いて見る最初の光景は、一生懸命練習している子供たちの姿でした。

ワークショップ5日目、キンバンギスト響のメンバー数人から、彼らの生徒の演奏を少しだけ聴いてアドバイスをしてくれないか、と頼まれました。喜んで引き受けると、彼らはすぐに生徒たちを呼び寄せ、あっという間に20人あまりの生徒たちが古ぼけた楽器と譜面台を持ってやってきました。年齢層は12才から24才。私が持ってきたオーケストラメンバーと同じ基礎練習教材を使い、ワークショップ開始。(この基礎練習教材のいいところは、譜面上シンプルなため、初心者からプロまで、ほぼ同じコンセプトで使えることなのです。)教え始めて間もなく気付いたことは、この子供たちも大人と同じだけの集中力を持っているということ。ここニューヨークで子供を教えると、5分以上はどう頑張っても集中力が続かない(苦笑)なんてことがしょっちゅうあるのですが、この子たちはすごい!教わりたい気持ちと情熱がひしひしと伝わってくるのです。

この現実にインスパイアされた私は、子供たちをキープしたまま、オーケストラメンバーである私の直接の生徒さんたちをアシスタントとして参加させてみることにしました。私が全体を教える間、彼らは生徒の周りを行ったり来たりしながら、姿勢を直したり、音を直したり・・。それから今度は、メンバー数人を交代で私の代わりに全体の先生とし、残りのメンバーたちと私が、教え方の観察をし、あとでディスカッションをする・・。結果、みんなが多くのことを学べました!孫生徒たちは新しい練習方法を学び、私が教える音楽家たちは、新しい教え方を学び、私は全員をもっと知ることができました。「私たちの生徒を少しだけ教えて欲しい」というシンプルな提案から始まったこのワークショップ、次回からも続けていこうと決心したのでした。

キンバンギスト響のメンバーたちの集中力と情熱はよくわかっていた私。でも彼らの生徒たちも同じだけの集中力と情熱を持って音楽に接しているということには驚かされました。これは、オーケストラメンバーたちが子供たちに与えているトレーニングのおかげ。普通の学校には通えないかもしれない。でも音楽を通して、一生懸命勉強することの大切さ、何かに集中することの大切さ、ありがたいと思う気持ち、それから何かを達成するという感覚を学んでいる子供たち。そんな大切なことを、子供たちにきちんと教えられる先生としての大きな役割を果たしているキンバンギスト響のメンバーたち。そんな彼らを真近で見ながら、「彼らがメンターとして、それからコミュニティのリーダーとしてさらに開花するように、私が教えられるだけのことはすべて、全身全霊でシェアしていこう。」と固く心に決めたのでした。

現在、楽器を習いたい子供たちはもっともっといるものの、楽器の少なさから、新しい生徒を受け入れられないのがこのオーケストラコミュニティの抱える1つの問題。Music Beyondはこの問題にも、さらなる楽器の寄付などを通して立ち向かい、このオーケストラがもたらす音楽を通してのポジティブな影響を、さらに多くの子供たちに与えられるよう、一歩一歩前進していきたいと思っています。みなさまからの引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

- Kaori