Spotlight on Jessica Jane Hart

Jessica Jane Hart is an award-winning photographer and filmmaker. A Montana native, Jessica studied photography at Northwest College in Powell, Wyoming. She later moved to Munich, Germany, to work as a freelance assistant to photographers who include Elias Hassos, Anja Frers, and Matthias Ziegler. Jessica returned to the US in 2009 and has worked as a freelance photographer and filmmaker in Montana, New York, and California. Her first documentary film project, Makoshika, was completed in 2015. Jessica is currently in the process of working on a documentary film about Music Beyond, which she started filming during Music Beyond’s most recent trip to Congo this past November and December.

Music Beyond had the chance to speak with Jessica about her experiences with Music Beyond and her hopes for the upcoming film.

Jessica Jane Hart interviewing a Congolese musician in Kinshasa. 

Jessica Jane Hart interviewing a Congolese musician in Kinshasa. 

Music Beyond: How did you first become involved with Music Beyond?

Jessica Jane Hart: I met Kaori Fujii [Music Beyond’s founding president] through her husband, Eric, who has been a good friend of mine for more than 10 years. I have always been impressed by Kaori’s humble and kind nature, and when she started Music Beyond, I started thinking of ways that I might be able to help. After seeing her success working with musicians in Congo over the past few years, I thought that a short film could help to get the word out about what Music Beyond is doing. It took about a year to raise the initial travel funds, and we are still trying to come up with editing funds to finish the project, but we are very close to that goal now.

MB: You recently traveled to Congo with Music Beyond for the first time. What was that experience like?

JJH: I was absolutely blown away by the experience in a way that is hard to put into words. I have traveled to countries that I considered to be poor, but after seeing Kinshasa, Congo, and the complete lack of functioning infrastructure in much of the city, I realized that this is a different level of poor than anything I had ever witnessed. In many other places there is evidence of a middle class. In Kinshasa, the poverty can be overwhelming, particularly when juxtaposed with the landscape of the embassy villages and high-rise hotels for foreign business people and NGO workers. It is a clear case of haves and have-nots, with no apparent middle class.

Despite the struggles that the average Kinshasan faces every day, the musicians of the Kimbanguist Symphony Orchestra show up ready to work with fresh smiles and clean outfits. I mention the clean outfits because I was particularly struck by that fact. Running water is not a dependable utility in Kinshasa, meaning that some days maybe it is not there at all and some days maybe it is there for an hour or two at a time. Many of the streets are unpaved dirt roads, so the task of keeping your clothes clean is not an easy one. It takes a lot of work. From appearance alone, you would never guess what life might be like for many of the people on the street.

From inside the church [where Music Beyond’s workshops take place], it is easy to forget the struggles that lie just outside the concrete walls. It is a compound of peace and tranquility surrounded by chaos. At times the many different instruments practicing different pieces at the same time felt a little chaotic too, but the space always felt safe and comfortable to me.

Jessica and Kaori in Kinshasa.

Jessica and Kaori in Kinshasa.

MB: What do you hope to communicate about Music Beyond in your upcoming documentary film?

JJH: If I can clearly communicate exactly what it is that Kaori is doing and the potential for Music Beyond in communities throughout Congo (and maybe other parts of the world), then I will have done my job. It is hard to put into words the importance of a program like Music Beyond. Why spend the money to send a top musician like Kaori to foreign places that might be difficult and expensive to travel to and have logistical and safety issues? It is not an easy sell unless people understand the profound effect that the practice of music can have on people who want it as bad as these Kinshasan musicians do.

If you haven’t experienced similar struggles, it is difficult to fathom the lengths that some people are willing to go to just to learn how to create music. People in the US cry about not having time to exercise, and so they just don’t do it. Music Beyond’s musicians are traveling long distances, maybe hours, by foot or by hanging off the back of a smashed-up minivan “bus” just to get to the church and have some practice time on an instrument. They do this in the middle of their daily struggles to eat and survive. It makes you realize that this is more than just learning to make pretty sounds. What Music Beyond offers is extremely important to each one of these musicians.

What Kaori is doing is helping the musicians to unlock little pieces and make their practice easier and more fulfilling. It is something incredible to witness, and it’s worthwhile in a way that I know I don’t even fully comprehend yet. I’ve never had to work as hard for anything as these musicians do on daily basis to simply keep up their practice. I have been truly humbled by their dedication, and I hope that I can share some of that through the film.
 

Join the music education movement in the Democratic Republic of Congo by becoming a member. Member support of Music Beyond brings you closer to Congo with priority updates, the opportunity to sponsor a musician, member-exclusive events, special discounts, and more.


写真家・映画監督として多くの賞を受賞している、モンタナ州出身のジェシカ・ジェーン・ハート。ワイオミング州のノースウェスト大学・パウエル校を卒業後ドイツのミュンヘンに渡り、エリアス・ハソス、アーニャ・フレール、マティアス・ジーグラーを含む多くの著名な写真家のアシスタントとして研鑽を積み、2009年に帰国。以来写真家・映画監督として、モンタナ、ニューヨーク、カリフォルニアの3州を拠点に活躍しています。彼女が作った2015年のドキュメンタリー映画、Makoshikaはイタリアのヴェネツィア国際映画祭やカナダのトロント国際映画祭でも上映され好評を博しました。そんなジェシカ・ジェーン・ハート氏は現在Music Beyondの短編ドキュメンタリー映画を製作中。昨年11月〜12月に行われたコンゴの旅に参加しました。

今日はそんなハート氏にMusic Beyondとのコンゴでの経験や、映画に向けての気持ちを伺いました。

コンゴ人音楽家にインタビューをするジェシカ・ジェーン・ハート氏(右)。

コンゴ人音楽家にインタビューをするジェシカ・ジェーン・ハート氏(右)。

Music Beyond: Music Beyond関わりを持つことになったきっかけはを教えてください。

Jessica Jane Hart: Music Beyond設立者の藤井香織さんのご主人エリックは、私の10年来の親友で、彼を通して香織さんに出会いました。出会った時から謙虚さと優しさが滲み出る香織さんの人格にはいつも感銘を受けていて、彼女がMusic Beyondを初めて以来、どうにか役に立つことはできないものかと考えていました。そして彼女がコンゴの音楽家たちとの活動を成功に導いているのを見て、この素晴らしい活動をさらに多くの人々に紹介するために、短編ドキュメンタリー映画を作るのがいいのではないか、と考え始めたのです。彼女と一緒にコンゴに行く旅の資金を調達するのに約1年かかり、現在は編集や最後のマスタリングにかかる資金集めをしているところですが、ゴールはもう目前です!

MB: コンゴでの経験はいかがでしたか?

JJH: びっくりの連続で、この経験はとても言葉では言い表せません。これまでにもいわゆる貧困国と言われる国々を何度か訪れたことがあったのですが、道路・水道・電気などの最低限設備が全く存在しない場所が街の大部分、という状況に初めて遭遇し、これは今までに私が見てきたものとは全く違う次元の貧困だ、と思いました。他の国では、たとえ貧困国であっても、少しは中流階級が存在していました。でもキンシャサでは、街の大多数を極貧階級が占めている、そしてその厳しい現状は、同じ街の中に存在する大使館や外交官が集まる特別エリアや、ビジネスで来ている外国人や大手のNGOなどを顧客とするきらびやかな高層ホテルと比べてさらに浮き彫りになっているのです。『全てを獲得した者と何も持っていない者』という両極端な2種類の人々で出来上がっていて、中間が見えない街という印象でした。

毎日を生き延びること自体が大変なキンシャサ人、でも毎日新鮮なスマイルときれいに洗濯された洋服で練習場に来ていました。この『きれいに洗濯された洋服』について、ここであえて話すには訳があるのです。キンシャサは水道設備が整っていません。水が全く出ない日もあれば、1日に数時間ちょろちょろと出る日もある・・、これが街の現状で、かつ道路の多くは舗装されていない砂道。そんな中で服をきれいに保つのは簡単なことじゃない、洗濯一つをとっても並大抵ではない仕事量のはずなのです。でも、彼らを外から見ていると、そんな生活環境は全く想像できない程とても清潔に保っているのです。

ワークショップが行われる練習場は教会の敷地内で、中にいると、教会の外に存在する苦闘に満ちた現実を忘れてしまいそうになります。練習場は、無秩序で大混乱な街の中に存在する平和と静寂に満ちたオアシスでした。音楽家たちが、同時に違う楽器で違う曲を練習しているので、時としてそれなりにごちゃごちゃした感じはしたものの、この練習場の中はいつも安全で心地よい空間でした。 

ジェシカ・ジェーン・ハート氏と藤井香織、キンシャサにて。

ジェシカ・ジェーン・ハート氏と藤井香織、キンシャサにて。

MB: 現在製作中のドキュメンタリー映画を通して、Music Beyondのどんな部分を伝えたいですか?

JJH: 私の映画を通して、香織さんが現在コンゴでしている活動を理解して、彼女の活動がコンゴのコミュニティー (そして世界) へもたらす影響の可能性、を伝えられた時に、私はすべき仕事を成し遂げた、と思えると思います。Music Beyondのような活動の大切さを言葉にするのはとても難しいと思います。なぜ大きな出資をして、わざわざ香織さんのようなトップの音楽家を、行くだけでも大変で旅の費用も高く、日々の問題も安全上の問題も多々あるような国に送り込む必要があるのか・・。この活動の重要性は、私たちのような普通の人が簡単に理解できることではないと思います。でも音楽がキンシャサの人々にもたらしている大きな力、を実際目の当たりにすることができれば、一目瞭然なのです。

同じような苦悩を経験したことがない私たちには、彼らが音楽をするためにどれだけ大変な思いをしているかを想像することは難しいと思います。例えばここアメリカでは、時間がないから、という理由で嘆きながらも、したいことをしない人がたくさんいますよね。でもMusic Beyondが教える音楽家たちは、練習をするためなら、時には何時間も歩いて、または『バス』という名のボコボコに壊れたミニバンの後ろに掴まって練習場に通っている。それも次の食を見つける、とうにか生き延びる、という日々の苦悩の最中にです。この姿を見ると、彼らにとって音楽は、ただみんなで綺麗な音を奏でるためだけのものではない、ということがはっきりと分かります。Music Beyondは彼ら一人一人に、生きる上で何よりも大切な時間を提供しているのです。

香織さんは、音楽家に練習する上でのヒントを与え、彼らの音楽作りを更に充実させるお手伝いをしているのです。この姿は本当に感動的で、同時に彼女が彼らに与えている影響は、実際見た私にも計り知れないものがあります。それは、何かのために彼らほど頑張る、という経験をしたことが私にはないからです。そんな彼らには本当に心を打たれ、謙虚な気持ちにさせられました。映画を通して、そんな彼らの姿をお見せして感動を分かち合えたら、と思います。
 

スポンサーとしてコンゴの音楽家と個人的な関わりを持つ機会や、一早いお知らせ、会員のみのイベント、特別割引などなど、様々な特典が付くMusic Beyond会員になりませんか?

Trip Recap

Extreme heat and humidity, rainstorms and flooding, and several political strikes could not stop our musicians in Kinshasa from coming together to work with Kaori during our ninth trip to Congo in November and December. In fact, the musicians were more engaged than ever before, showing up to rehearse in the heaviest rain. “They never complained, and they all made so much progress individually,” Kaori said.

One of the many highlights of the trip was the incredible strides made by the women of our All-Female Chamber Ensemble. Kaori could tell from the first rehearsal that the women had been practicing with dedication in the months since our last trip. In addition to workshops with Kaori, the ensemble had the opportunity to perform at a school for young mothers (ages 12–17) and homeless teenagers. Many of the young women were skeptical at first, but as soon as the ensemble started performing, they began to open up. After the concert, the young women shared some of their stories, and members of the ensemble shared their own stories and told the young women to keep working hard, and to try and find passion and meaning in life. Kaori said that it was incredibly moving to witness the ensemble members—who were themselves skeptical of the transformative power of music just a year ago—stepping up to encourage fellow Congolese women.

“My heart was absolutely crushed … I didn’t know exactly what we could do for the young women at the school. But I witnessed how every single young woman and her children opened up minute by minute as they interacted with the women I teach. I also witnessed how the women stepped up to share their life experiences, stories, and words of wisdom so passionately. This might have been the most meaningful result of our hard work with Music Beyond so far!” We look forward to what 2018 has in store both musically and personally for the members of our All-Female Chamber Ensemble.

After prolonged goodbyes in Kinshasa, Kaori flew to Lubumbashi to assist Malaika School—a school for girls who live in underserved communities in the outskirts of the city—in strengthening their music program. Kaori was blown away by the enthusiasm and dedication of the teachers and staff. Her visit included hours of discussions about improving the music program, as well as the opportunity to sit in on a class, teach some of the students, and perform both for them and with them. We are so grateful to Noella Coursaris, the founder of Malaika, for making this meaningful visit possible, and look forward to future collaboration.

Our time in Congo concluded with a concert at the Japanese Embassy, where our musicians had the opportunity to perform in front of more than 300 guests. We also had the opportunity to perform at a local elementary school for more than 600 children. The joy in the students’ faces was priceless! Another highlight of the trip was having filmmaker Jessica Jane Hart and Tarek Fouda along for the ride with us. Jessica and Tarek are in the process of working on a documentary film about Music Beyond, which we couldn’t be more excited for. Stay tuned for more about the film, as well as an interview with Jessica on the blog in the coming months. Reflecting on our ninth trip, Kaori is “more convinced than ever that we can help bring a brighter future to Congo and beyond!” 

 

Join the music education movement in the Democratic Republic of the Congo by becoming a Friend of Music Beyond.  

IMG_1063.JPG

 極度な高気温と湿度、豪雨と洪水、それに数回の国中挙げての反政府 デモ・・、こんな状況でも9回目となるワークショップとキンシャサの音楽家を切り離すことはありませんでした。切り離すどころか、音楽家たちは今までにも増して更に熱心に、大変な大雨で街中洪水でも、どうにか練習に参加したのです。「一つも不平不満を言うことなく、全員また大きく成長してくれたことを誇りに思う。」と語るのは代表藤井香織。 

 ハイライトのひとつは、女性アンサンブルの飛躍ぶり。「ワークショップの初日から、私がいなかった数ヶ月間、いかに自分たちで練習していたかが、一目瞭然だった。」と話していました。ワークショップに加えて今回は、12才から17才という若さで母親になってしまった女子とホームレスのティーンエイジャーのための職業訓練学校でのコンサートも行いました。最初は暗く、不信感さえ抱いていた学生たち、でも女性アンサンブルの演奏が始まると徐々にみんなの表情が柔らかくなりました。コンサート後の懇親会では、学生たちから辛い現状を聞き、その後、アンサンブルのメンバーが自らの過去を話し、また、何かに向かって頑張ることの尊さ、情熱と人生の意味を見いだすことの尊さを話しました。「つい1年前までは、音楽の持つ変革的な力を信じ切れず、心を閉ざしていた彼女たちが、自分をさらけ出して同じコンゴ人女性を勇気付ける姿には心から感動した。」と言っていました。

「 若すぎる母親とホームレスの女の子たちを見て心が押し潰された・・。そして彼女たちのために私たちに一体何ができるのか不安になった。でも音楽を聴いて、その後私が教える音楽家と会話をしながら、全員どんどん心を開いていく姿を目の当たりにし、女性音楽家たちが自ら自分の人生経験を語り、情熱的に学生を勇気付ける姿も目の当たりにして、音楽の持つ力とMusic Beyondの意味に再び気付かされた。まさに、これまでの苦労続きの活動が実を結んだ瞬間だった!」

2018年も、この女性アンサンブルにどんな音楽的・人間的発展があるのか、本当に楽しみです。

 キンシャサで別れを惜しんだ後、藤井はコンゴ民主共和国の南東部にあるルブンバシに飛び、ルブンバシ郊外に住む恵まれない女子のために作られた、マライカ学校を訪れました。音楽授業プログラムの強化を図るために招待された藤井、やる気と熱心さに満ち溢れた教師と生徒に心動かされたと話していました。音楽プログラムについて何時間も協議し、授業参観をした後は藤井自らが授業をし、最後には生徒たちのために、そして生徒たちと一緒に演奏もしました。この意味深い訪問を提案し実行して下さったマライカの設立者、ノエラ・コルサリスさんに感謝すると共に、これからの更なるコラボレーションを楽しみにしています。

今回の旅はこれ以外にも、天皇誕生日を祝う日本大使公邸での大きなイベントで、300人を超えるお客さま の前での演奏、キンシャサの小学校にて、600人の大興奮する子供たちのためのコンサートなど、イベントが目白押しでした。また、映画製作者のジェシカ・ジェーン・ハートとタレク・ファウダがアメリカより旅に参加、現在Music Beyondの短編ドキュメンタリー映画を作成中。映画のアップデートに加え、ジェシカ・ジェーン・ハートさんのインタビューもお楽しみに!

この9回目の旅を振り返って藤井香織は「Music Beyondはコンゴをはじめ世界に明るい将来をもたらすお手伝いができる!と確信した旅だった。」と語っていました。

 

 Friend of Music Beyondとして、あなたもコンゴ民主共和国での音楽教育を支援しませんか?

Time for Congo!

Music Beyond embarks on its ninth trip to Congo today. Until December 12, our founder and president Kaori Fujii will work with men and women from the Kinshasa Symphony Orchestra, as well as meet with hundreds of young girls and their teachers at Malaika School in Lubumbashi. Malaika aims to empower Congolese girls and their communities through education and leadership skills. Kaori looks forward “to listening and learning through workshops, and continuing to explore more effective ways to enhance the lives of people in Congo through music.”

Group2.png

Kaori also looks forward to continuing her work with Music Beyond’s All-Female Chamber Ensemble, which was founded within the Kinshasa Symphony Orchestra during our last trip to Congo in 2016. The 13-member ensemble gives Congolese women a safe space to express and explore themselves through music. Music Beyond believes that it will be a beacon of hope for women and girls in Congo and many parts of the world.

Pauleth―a violinist in the All-Female Chamber Ensemble―captured the spirit of the ensemble when she said "My wish is to improve the quality of my music in order to defend the image of Congolese and African women throughout the world, despite the problems that surround us. I know that one day, our values will change the world." As JD Stier highlighted in our last blog post, Music Beyond is about more than music education. It is about building relationships and trust, and empowering individuals through music in the spirit of solidarity.

Over the next month, be sure to check Music Beyond’s social media, where we will be sharing behind-the-scenes moments, stories, and music-making from Congo. Stay tuned for a film by Jessica Jane Hart and Tarek Fouda, who join Music Beyond on this trip to document our work and share Kaori’s story and mission.

 

Join the music education movement in the Democratic Republic of the Congo by becoming a Friend of Music Beyond.

 


Music Beyondはいよいよ今日から、9回目のコンゴへ出発します!12月12日までのこの旅、代表の藤井香織は、首都キンシャサでキンバンギスト交響楽団のメンバーを教え、またコンゴ第2の都市ルブンバシにあるMalaika学校を訪問し、総勢280名の女子学生と教師たちにも会う予定になっています。コンゴの女子とコミュニティを、教育とリーダーシップのスキルを与えることで力付けていこうという目的で建てられたMalaika 、代表藤井は「今回の旅を楽しみにしている。これからもますます、コンゴの人々にとって良い方法で、彼らをサポートしていけるよう、よく話を聞き、理解し学んで来ようと思う。」と話していました。

Group2.png

またMusic Beyondが昨年、キンバンギスト交響楽団の女性メンバーを集めて作った女性室内アンサンブルを教えることも楽しみの一つであると話した彼女。このアンサンブルは、コンゴ人女性が思う存分自己表現・自己発見ができる安全な場所を提供する、という意味も込めて作られました。この13人編成のアンサンブル、いつの日かコンゴ内外の女子・女性の希望の光になるとMusic Beyond一同信じています。 

アンサンブルのヴァイオリ二ストのポレットは、アンサンブルの精神性をしっかりとらえてこう語っていました。「このアンサンブルを通して私が成し遂げたいこと、それは私たちが音楽的に上達することで、コンゴ人・アフリカ人の(どこか弱者・被害者的な)イメージを払拭すること。たくさんの問題に囲まれた生活をしている私たち、でもいつか私たちアンサンブルの価値が世界を変えると信じています。」

前回のブログでJD スティア氏も話して下さったように、Music Beyondはただの音楽教育を与える団体ではないのです。Music Beyondは現地の人々と深い信頼関係を築き、音楽を通して連帯感を築きながら人々を力付けていくことが目的の団体なのです。

この先1ヶ月間は、ソーチャルメディアを通して、コンゴでの舞台裏話やワークショップでの出来事を皆さまにお届けする予定です。また、今回の旅に参加する映画製作者のジェシカ・ジェーン・ハートとタレク・ファウダによる、Music Beyondの活動と、代表藤井香織にスポットを当てた短編ドキュメンタリー映画も乞うご期待!

 

Friend of Music Beyondとして、あなたもコンゴ民主共和国での音楽教育を支援しませんか? 

 

Spotlight on JD Stier

#StandWithCongo campaign director and recent Music Beyond Award honoree JD Stier is an activist, filmmaker, and community organizer. A frequent contributor to Politico and The Huffington Post and a recurring guest on MSNBC, JD has held leadership positions with numerous social and electoral campaigns. His role in Barack Obama’s 2008 presidential campaign led to a White House appointment in 2009, during which JD worked to address mass incarceration in the US.

After his time at the White House, JD led the Enough Project’s Congo Campaign. Under his leadership, the campaign pressured technology industry leaders to address conflict minerals; was cited as the difference-maker in creating the Office of the US Special Envoy to Africa’s Great Lakes; and led the production of the documentary series I Am Congo.

In 2014, JD teamed up with colleagues and founded Stier Forward, an organization that partners with foundations, civil society leaders, philanthropists, and private sector innovators to support and spearhead films, campaigns, media, and community engagement efforts. Among the films JD has produced with Stier Forward are the feature-length documentaries When Elephants Fight and Merci Congo. Stier Forward launched its flagship #StandWithCongo campaign in 2016, and its film-driven US mass incarceration campaign, Mass Inc., launches in 2018.

Music Beyond had the chance to speak with JD about his experiences with Music Beyond and the ways in which our message and mission continue to inspire him in his work as an activist in Congo and beyond.

IMG_0892.JPG

Music Beyond: How did you first become involved with Music Beyond?

JD Stier: I started reading about Music Beyond online when founder and president Kaori Fujii reached out to me last May after hearing about my work with #StandWithCongo. My first reaction was, “Wow, this is different.” You just don’t see people doing what Music Beyond is doing. So many of the headlines you read about Congo are stigma-creating, dehumanizing, and disempowering, and Music Beyond’s work in Congo doesn’t fit the media’s vision of Congo as a place of death, despair, war, greed, and corruption. Music Beyond is about a group of musicians in New York banding together with a symphony orchestra in Kinshasa and creating a whole lot of love and humanity.

MB: Why do you believe that Music Beyond’s mission to empower individuals through music and outreach in developing countries like Congo is important and relevant in today’s world?

JD: Music Beyond is more important than ever, in part, because of the effects of exploitative foreign engagement, from disempowering media narratives to outdated NGO models. Music Beyond is dedicated to working directly with culture creators and community leaders in Congo, providing resources, access, networks, and skills-based knowledge transfer initiatives that strengthen, embolden, and empower Congo’s top musicians to become better teachers and more effective culture creators. It’s so important to do this kind of work in places like Congo where politics, bad business, and the media have had the effect of largely shutting the world out of Congo’s beauty and culture.

MB: Do you have a favorite memory from one of your interactions with Music Beyond?

JD: Music Beyond premiered a video about its All-Female Chamber Ensemble at its gala this past May, and to hear the women in Kinshasa speaking about the impact the ensemble has had on them really struck me and everyone in the room. By providing women with leadership opportunities in a country where, as the musicians state, many people think a woman’s place is in the kitchen, Music Beyond has rallied with women and men who believe that a woman’s place is onstage. The women’s declarations of empowerment, gender equality, and respect for women in positions of leadership continue to resonate with and move me. This is what Music Beyond has been doing all along: building relationships and trust and empowering individuals through music.

JD Stier and Kaori Fujii at Music Beyond's Third Annual Gala

JD Stier and Kaori Fujii at Music Beyond's Third Annual Gala

MB: Tell us about your work with #StandWithCongo and how Music Beyond fits into the campaign’s mission.

JD: #StandWithCongo is an inclusive social movement hub. We work with activists, advocates, technology leaders, social innovators, and leaders in the arts to make sure that human stories remain at the center of conversations about Congo. As evidenced by Music Beyond’s video featuring its All-Female Chamber Ensemble, it is essential that Congolese people are the ones creating Congo’s narrative. #StandWithCongo works with leaders in the US and around the world who are focused on the steps that are needed today to secure free and fair elections and increase transparency in the mineral, governance, and security sectors. There’s not enough celebration of the humanities in aspects of our work, and that’s where Music Beyond comes in. Music Beyond is an apolitical celebration of humanity, connecting youth, students, and accomplished musicians within Congo, and connecting musicians in Congo with musicians around the world. There is a spirit of solidarity in sharing music, and it’s an essential piece of what #StandWithCongo aims to do.

MB: What inspires you to continue your work in Congo and with organizations like Music Beyond?

JD: We have only just begun to tap into our potential to be in a collaborative space with a young and dynamic Congolese community. Coming out of decades of oppressive and corrupt regimes, we are nearing a tipping point where I believe the Congolese people are going to be able to chart their own course, and where we’re going to be able to move together as international partners and stakeholders committed to humanity and peace. Music Beyond is one of the few groups active and strengthening deep relationships in Congo, a country that could overflow with international collaboration and cultural export, and I want to be a part of that. I want to be a part of Congo’s bright, dynamic, and vivid future with Music Beyond.

 

Join the music education movement in the Democratic Republic of the Congo by becoming a Friend of Music Beyond.

 


 

人権社会問題活動家、映画監督のJD スティア氏は、#StandWithCongoの設立者であり今年のMusic Beyond貢献賞受賞者。

PoliticoThe Huffington Postといった米紙に度々記事を書き、またMSNBCなどのニューステレビ番組にもゲストとして招かれ、これまでに多くの社会活動と選挙活動を統率しています。

2008年のオバマ大統領戦での選挙活動における貢献が認められ、2009年にホワイトハウスに就任、アメリカにおける刑務所問題に取り組みました。

ホワイトハウスを離れた後は、アフリカ問題の第一人者的団体、Enough Projectでコンゴに焦点を当てたキャンペーンを立ち上げ、スティア氏のリーダーシップの元、紛争鉱物問題に真摯に対応するするようテクノロジー産業を説得。この活動が、アメリカ政府のアフリカ大湖沼地域特使の設置に繋がったと言われています。また、ドキュメンタリー映画シリーズ、I am Congoのプロダクションも統率し、成功に導きました。

2014年、数人の仲間と共に、基金・市民社会リーダー・慈善事業家と民間企業の革新家を繋いで、映画・キャンペーン活動・メディア活動やコミュニティ活動を先駆け支援する会社、Stier Forwardを設立。スティア氏の監督の元When Elephants FightMerci Congoなど、多くの映画が制作されています。

そして2016年、Stier Forwardの旗艦キャンペーン、#StandWithCongoを発足。また2018年には、アメリカにおける刑務所問題に焦点を当て、映画を通して問題解決に立ち向かうキャンペーン、Mass Inc.発足が予定されています。

今回のインタビューではそんなスティア氏に、Music Beyondとの今までの関わりについて、そしてMusic Beyondの活動内容が、コンゴ内外で活動家として活躍するスティア氏にどのような影響をもたらしているかについて、お話を聞きました。

IMG_0892.JPG

 Music Beyond (以下MB): まずはどんなきっかけでMusic Beyondと関わることになったのですか?

JD Stier (以下JD): 昨年5月に、#StandWithCongoでの僕の活動を知ったMusic Beyond代表の藤井香織さんがメッセージをくれたんだ。そこでMusic Beyondについて読み始めた。読んでみてまず最初に思ったことは「Wow! これは今までとは違うぞ!」Music Beyondのような活動をしている団体はとにかく他には存在しない。コンゴのニュースの多くは恥辱を招くもの、非人間的で、僕たちを無力な気持ちにさせるするものばかり。でもMusic Beyondのビジョンはメディアが描くコンゴ  —  死、絶望感、戦争、欲、そして汚職まみれのコンゴ  —  とは全く違う。Music Beyondは、ニューヨーク在住の音楽家がキンシャサの交響楽団と団結して、それはそれはたくさんの愛と人情、思いやりを創り出しているのだから。

MB: 音楽を通してコンゴのような途上国に住む個人個人を力づける、というMusic Beyondの目的が、なぜ今日の世界において大切であり、かつ適切なアプローチだと思うのですか?

JD: コンゴには、搾取的な外国からの影響と、メディアのネガティブな語り口、それから古い感覚のNGOが一部生み出してしまった悪影響があるからこそ、Music Beyondの活動はとても大切なんだ。Music Beyondは、現地の文化クリエイターやコミュニティリーダーたちと直接関わりながら、彼らに手段・機会・ネットワークを与え、コンゴの音楽家をさらにいい教師、さらに効果的な文化クリエイターに育てるために、彼らに勇気と活力を与えている。政治や悪いビジネス、メディアの影響が、コンゴの美しさと文化を世界大多数の人々の目から遮ってしまった今、Music Beyondの活動には計り知れない意味があるんだ。

MB: Music Beyondとの一番の思い出は何ですか?

今年の5月のガラで、Music Beyondが女性室内アンサンブルについてのビデオを上映したんだけど、そのビデオに登場したキンシャサの女性音楽家2人が、このアンサンブルが彼女たちにもたらしている影響を話す姿には本当に心を打たれた。僕にとっても、そして会場にいた全員にとってもね。彼女たちが言うように、居場所は台所だけ、と多くの女性が思ってしまっている国で、敢えて女性にリーダー的存在になる機会を与えることによってMusic Beyondは、女性にも人生の舞台があると信じる女性と男性を集結させることに成功したんだ。社会進出宣言をし、性別平等とリーダー的ポジションを担う女性に対するリスペクトを語るあの彼女たちの話は、心に響いたし、本当に感動したよ。人間関係と信頼関係を深め、音楽を通して個人個人を力づける・・これこそがMusic Beyondがしてきたことなんだよね。

JD スティア氏と代表藤井香織、第3回Music Beyondガラにて

JD スティア氏と代表藤井香織、第3回Music Beyondガラにて

MB: #StandWithCongoについて、それから#StandWithCongoの目的がどのような形でMusic Beyondと繋がっているかについてお話いただけますか?

JD: #StandWithCongoは、インクルーシブ (包括的) な市民社会運動の場。活動家、支持者、テクノロジー業界を担う人々、社会革新家、そして芸術部門のリーダーたちと共に、常に人間のストーリーを中心に置きながら、コンゴついて話す場なんだ。Music Beyondの女性アンサンブルのビデオでも明らかだったように、コンゴ人が自分たち国コンゴの語り口を作り出すことはとても重要なことだよね。#StandWithCongo は現在、コンゴに今必要な公正かつ自由な選挙と、鉱産物取引・政治行政・安全保障分野における更なる透明化に焦点を当てて、アメリカをはじめ世界のリーダーと仕事をしている。この活動は大切だし大きな一歩なんだけど、正直『人間性』という面には少し欠けているんだ。でもそこがまさにMusic Beyondの出番。Music Beyondは政治とは無関係のところで、人間性を祝福し、コンゴ国内で若者や学生と音楽家を繋げ、更にコンゴの音楽家と世界の音楽家を繋げている。そこには音楽を分かち合うことで生まれる団結・連帯精神があるんだ。そしてその『連帯精神』こそ正に#StandWithCongoのモットーであり、目標にしていることなんだ。

MB:コンゴでの活動を続けること、またMusic Beyondのような団体と一緒に積極的に活動していく原動力はどこから生まれているのですか?

JD: 僕たちは今初めて、若く躍動感あふれるコンゴコミュニティと、現実的にコラボレートしていく可能性に触れ始めたところだと思う。何十年にも渡る圧政的で堕落した政権からやっと抜け出す機会が近くまでやってきた今、コンゴ人が、自分たちの人生を自分たちで決められるようになる日も近いと僕は信じている。そして僕たちとコンゴ人が、人間性と平和に専念する国際パートナーとして一緒に前進していける日が来る、とね。Music Beyondは将来的に、溢れるほどの、国際的なコラボレーションと文化の輩出の可能性のあるコンゴで、国の人々と深い関係を築きながらアクティブに活動している極々数少ない団体の一つだからこそ、僕もその一部として貢献したいんだ。Music Beyondと共に、明るく、ダイナミックで鮮やかなコンゴの将来の一部になりたいと思っているよ。

 

Friend of Music Beyondとして、あなたもコンゴ民主共和国での音楽教育を支援しませんか?